2014年7月硫黄島クルーズ⑦

7月10日は午前7時30分発のははじま丸に乗って母島日帰り旅行です。二時間ほどで母島到着し、午後二時の船で戻ってくるので現地滞在時間は四時間程。
往路も復路も海鳥は少なく出てもアナドリがほとんど。その中で往路はカツオドリが、復路はアカアシカツオドリが船にしばらくついてくれました。
f0018189_2156146.jpg


f0018189_21565473.jpg


f0018189_21572493.jpg


船から見た母島の港と、高台から見た母島の港。
f0018189_2251217.jpg


f0018189_2254246.jpg


母島は父島よりもさらに二度ほど気温が高いとのこと。汗が止まりません。港の自販機は故障中で近くの商店で水分補給と予備の水を購入。島で最初に撮った野鳥はイソヒヨドリでした。
メグロを一番の目的としているのですぐに散策。地元の方は親切でポイントを親切に教えていただきました。が、いつもそこにいるわけではないので数箇所を回ることにしました。最初は登山道。運よくハシナガウグイスとメグロを一緒に見ましたが暗いところに出たのでうまく撮れなかった。それでもメグロの鳴き声を聞くことができたのでよかった。
ハシナガウグイス。
f0018189_22121351.jpg


登山道を戻ってくるとオガサワラヒヨドリがいました。
f0018189_22152978.jpg


次に実のなる木のあるところを散策しましたが、メジロしか見当たりません。次のポイントでやっと明るい場でメジロに混じってメグロを発見。先に鳴き声を聞いていたのが役に立ちました。
f0018189_22215117.jpg


f0018189_22224565.jpg


f0018189_22241759.jpg


第一の目的を達成したのでアカガシラカラスバトを探すことに。虫にさされまくりながらも、比較的明るい場所で見ることができました。数個体いて足環のついている個体もいました。
f0018189_22245453.jpg


f0018189_22254891.jpg


メグロをもう少し撮りたかったのですが暑さでバテ気味。港から少し離れたところにある喫茶店?で美味しいジュースを飲みました。そこには水槽の中に海がめの赤ちゃんがたくさんいました。保護のための飼育で、ある程度大きくなったら海に放すそうです。
母島で最後に撮った鳥は港の待合所に群れていたメジロ(亜種シチトウメジロ)です。嘴がちょっと長めでしょうか。
f0018189_22365077.jpg


バードウォッチングツァーの方がたは母島にお泊りだったので帰りの船は空いていました。あかるいうちに父島のお宿に入って疲れた体を休めました。続く。
by huyudori | 2014-08-24 22:44
<< 2014年7月硫黄島クルーズ⑧ 2014年7月硫黄島クルーズ⑥ >>